頭皮には皮膚の中でもデリケートな部分の1つです。頭皮トラブルの代表的な内容について記載しています。

【頭皮の乾燥】

特に多い原因としてあげられることのひとつが頭皮の乾燥です。 頭の皮膚が乾燥して水分量が減少→刺激に対し過敏に反応しやすくなり頭皮の地肌がフケ・かゆみの発生しやすい状態にあります。

市販シャンプーやリンスなどは価格を下げるために合成界面活性剤が使用されています。

洗いすぎによる頭皮の脱脂は乾燥を招きその後かゆみを引き起こします。 対策は洗髪を1日おきに。低刺激で保湿力の高いシャンプーを使用することで頭皮の乾燥とかゆみを防ぐ!

【カビの繁殖によるかゆみ発生】

頭皮が蒸れた状態や不衛生な状態が続くとフケ・かゆみの発生原因として、カビ(真菌)が繁殖。 この菌は地肌の皮脂を分解しその分解物がフケ・かゆみを引き起こします。

しかもやっかいなことに皮脂の不純物や分解物が臭いまで発生させてしまいます。

【紫外線(日焼け)の影響】

紫外線は皮脂を酸化し皮脂酸化物を発生させます。また市販品の合成界面活性剤を使用したシャンプーが この酸化を助長しさらに頭皮の環境を悪化させかゆみを引き起こします。

帽子や日傘の利用と同時にアミノ酸系シャンプーの使用が有効ですが、場合によっては帽子をかぶることによって頭皮が蒸れてしまう環境を作るので なかなか一筋縄ではいかないです。

そんなこと言い出したら何もできなくなってしまうんですけどね(^^;)

【職種や仕事の内容次第では頭皮に負担をかけてしまうことがある】

上記でも挙げさせて頂きましたので繰り返しになってしまいますが帽子、そしてヘルメットをよくかぶるお仕事(工場勤務、新聞配達、クリーンルームでの作業現場など・・)や 日中は紫外線に当たりっぱなしの外回りメインの営業職の方は特に頭に汗をかいたり蒸れてしまうことがよくあるので、カビが繁殖しやすい環境に頭皮がなってしまいます。

菌がさらに皮脂を分解してかゆみだけでなく悪臭まで発生させてしまうのです。

広告名2等

テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。

テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。テキストが横にきます。